ノーブログラム

無計画なタイミングで無計画の内容を綴るブログです。

今年の夏はこのゲーム!ーライザのアトリエー


 コロナ禍の状況でもありますので、お盆休みは家でまったりゲームライフをしようということで、今年の夏にやり込むことにしたゲームは、ライザのアトリエ常闇の女王と秘密の隠れ家です。

 2019年9月に発売されたソフトですが、今年の冬に続編が発売されることが決定しました。
 タイミングが合えば、ぜひプレイしたいと思っていましたが、こんなに早く続編がでるとは思っていませんでした。
 確かに、ライザのアトリエが発売される半年前にルルアのアトリエが発売されましたが、新作が出たとしても主人公が続投するというのは、まずないと思っていました。
 自分は、ルルアのアトリエしかプレイしたことがなかいので、このアトリエシリーズに関してはにわかですが、主人公続投は初のことだと思われます。
 PS5の発売も近づいてきているので、今のうちにPS4のゲームをなるべく満喫しようと思っていましたし、続編も近々出るということもあって、これは購入するしかないでしょ。またタイミングの良いことに、ライザのアトリエの続編発表を記念してか、サンキューセールと称してライザのアトリエが39%オフで購入できるタイミングでもありましたので、トントン拍子で購入をしました。


 連休を使ってゆっくり遊ぼうと思っていましたが、我慢できず、冒頭を少しだけプレイしてみました。

 ルルアのアトリエと比べると、フィールド移動時のキャラと背景の一体感がよくなったなと感じました。
なんと言っていいかわからないですが、ルルアのアトリエだと、背景はCG調に、アニメーション調のキャラが存在しているという感じていました。そこに、不満があったり、ストーリーを進める上で何か支障があるわけでもなかったのですが、ゲームにより没頭しやすくなったと個人的には感じています。

 
 戦闘システムはリアルタイムで進行していくので、キャラのコマンドを選んでいる最中でも平気で敵が攻撃をしてくるので、緊張感が出るようになりました。FFシリーズでいうアクティブバトルですね。あとは仲間の指示にこたえることで発生するオーダースキルというシステムもありますので、上手く生かすことで戦闘優位に進めることができるので、ルルアのアトリエでもあったスキルなど使用時に仲間が追撃などをしてくれるサポートスキルが発生していましたが、今作は仲間とのタイミングが合わないと上手くサポートスキル発生しないようになりました。ごり押しがちょっとしにくい仕様になっていますが、戦闘自体スピーディではありますので、上手くバランスはとれているのかなと思います。

 アトリエシリーズおなじみの調合システムは、調合画面にまだ慣れなてないので、少し違和感があるくらいですかね。

 設定がひと夏の冒険というテーマでもありますので、街中を移動しているときに、蝉の鳴き声なども聞こえてるくるので、夏をより感じられるようになっていますし、まさに今の季節にもマッチしてます。
 フライング気味で少しだけプレイをしていみましたが、ようやくお盆休みに入りましたので、ライザのアトリエ2を楽しみにしつつ、がっつりやり込んでいきたいと思います。




ちょっと話は変わりますが、ちょうど去年の夏はウォッチドッグス2を遊んでいましたが、ライザのアトリエは夏って感じがしていいなと思いましたが、ふとウォッチドッグス2も夏っぽいなと思いました。もうじきウォッチドッグスシリーズも10月末に新作の発売が控えていますので、まだプレイしていなければ、夏ぽっさ感じつつ新作に期待を膨らませていくのもいいですね!